ここちいい布ナプキン、ティプア"tipua"のオフィシャルサイト。女性のカラダにも地球にもみんなにもここちいい!
ティプアのロゴ お問合せ
お電話でのお問合せ・ご注文は、月〜金 10:00〜5:00
電話 06-6761-8799
最新情報を毎月お届けします。メルマガ登録・退会
e-mail
ホーム布ナプキンについてよくあるご質問布ナプキンの洗い方 | ショッピングサイト | ブログ
ホームtipua talk>廣中桃子さん

tipua talk えぐさん

廣中 桃子 さんのプロフィール

1984年 京都生まれ

学生時代、国際協力に興味を持ち
フィリピンの貧困地区を支援するNGOや、難民問題を扱うラジオ番組で活動する。

2007年 大学卒業前にインドを訪れ、
最貧困といわれるビハール州・ブッダガヤの村に暮らす子どもたちや人々に出会う。
シサム工房でフェアトレードに感銘を受け働きはじめる。
現在 シサム工房 KUZUHA MALL店 店長。

2009年12月 nimai-nitai(ニマイ-ニタイ)を設立し、
ブッダガヤの村人たちとともに商品の開発を行う。

廣中桃子さん

1.布ナプキン使用のきっかけは?

シサム工房で働き始めたころ、
当時の店長さんから教えてもらい使い始めるようになりました。
使い始めた頃はうまく使いこなせず、
また実家暮らしのためつけ置き洗いが大変で、何度か挫折してました。

それから、ボディクレイの前田さんのつながりでティプアさんの布ナプキンを知り、
柄のかわいさと、グラビオンの生地の性質に興味を持って
グラビオン・コットンシリーズを使い始めるようになりました。


2.ご使用になられての感想は?

一番驚いたのは、グラビオンの汚れ落ちの良さです!
使い続けていくと、生成りはどうしても少し汚れが残っちゃいますが、
グラビオンのピンク色だと気にならないし、本当にきれいに落ちるので感激!
においもほとんど気になりません。

あと、柄部分を上向きにつけ置きできるから、つけ置きも気が楽になりました〜。
カラフルな柄がうれしくて、毎回使うのが楽しみです。


3.布ナプキンを使用して変化したことってありますか?

布ナプキンは使い続けて2年ぐらいになりますが、
生理痛がだいぶ改善されていました。
以前は、生理中は薬を飲まないとたえられないような痛みと、貧血もひどかったですが、
布ナプキンがきっかけとなり、自分のカラダと向き合えるようになりました。

自分で洗濯することでその日の量などを見て体調を知れたり、
生理前はストレスをかけないように気をつけたり、
なるべくカラダを冷やさないようにしたりと、
カラダのことを考えて過ごすことでかなり改善されました。


インドでの工業風景


4.月経やナプキンに対する悩みはありましたか?

仕事上これからインドに行く機会が増えるので、
布ナプキンをうまく使っていけるかな?という悩みはあります。
旅先でうまく使い続けていく方法を考えています。


5.あればいいなと思う生理用品は?

用品ではないのですが、
生理痛に聞く体操や、食べ物、飲み物、アロマなど、
布ナプキンをはじめ生理に関するあれこれが一冊の本にまとまっていたりするとうれしい!

生理痛に悩んでいた頃、
いろんな病院を探し、診察にいきましたが
先生によっても診断やアドバイスも違うし、
特に生理痛に悩み始めた高校生の頃はどうしたらよいのかさっぱりわかりませんでした。
痛み止めを飲むだけでは、カラダそのものは改善されないと思いますし、
生理前は憂鬱になったりする女性も多いと思うので、
女性のカラダをトータルでアドバイスしてもらえる本や人に出会いたいです。


6.皆さんへのメッセージをお願いします。

インドの村では、
女性が使い古したサリーを布ナプキン代わりにしていると聞いたことがあります。
(最近は、使い捨てを使う人が増えてきてゴミも問題になってきているようですが・・・。)

今回の東日本大地震では、生理用品が不足している、とニュースでありました。
布ナプキンが周知されていたら、
できるだけ清潔な布で代用できることを思いつけた人が多かったかもしれませんね。

布ナプキンを販売する側でもあるので、
「布ナプキン?!布で大丈夫なの?!」という反応もまだまだあります。
実際に使っている人から聞いて使い始めるのが一番安心して使えると思うので、
使っている人は是非是非お友達や家族にすすめてあげて欲しいなぁと思います。

また、私のように生理痛がひどい方は、自分のカラダを見直すきっかけになりますよ!

インドの職人さんたちと

7.最後に、インドでのnimai-nitai(ニマイ・ニタイ)の活動を教えてください。

インド東北部にあるビハール州のブッダガヤの村人たちとともに
フェアトレード商品の開発を行っています。

フェアレードとして、作り手の顔が見え原材料から丁寧にできあがったものや、
古くから伝わる手仕事を活かしたものづくりを目指しています。

nimai-nitaiというブランド名は、
最も思いやりのあるやさしい神「nimai(ニマイ)」と、
その兄「nitai(ニタイ)」から名づけました。
インドと日本が兄弟姉妹のような関係で、
モノ作りをしていきたいという想いをこめています。

商品を作ってくれている生産者の女性たちは、
ブッダガヤの村に暮らす女性で大学に通うために楽しく参加している子もいれば、
家計の収入の足しにしようと力強く頑張っている女性もいます。
みんな生きる姿がまぶしくて美しい女性たちばかりです。

これからの活動をどうぞあたたかく見守っていただければ幸いです!

nimai-nitaiのサイトでは
イベントのお知らせなども不定期ですが更新しております。
是非ご覧になってください。
nimai-nitai → http://nimai.jp/

インドの風景

サイトマップ

ファレティプア

布ナプキンについて
布ナプキンをオススメするわけ
初めての布ナプキンなら
布ナプキンの使い方
布ナプキンの洗い方
布ナプキンの持ち歩き方
ティプアを使い分ける
よくあるご質問

ティプアのこだわり
ここちいい肌面の生地
楽しく選べる柄がいっぱい
国内で縫製だから安心
世界基準の安全なボタン
環境負荷の少ないパッケージ
イベントへの出店

tipua talk ご愛用者の声

ティプアの想い
ティプアのミッション
ティプアをはじめたわけ
ティプアの由来
カラダを考えよう
糸つむぎをやってみよう

月経共育事務所ティプア
月経共育って、こんなことです
つきいちcfaeのご案内

おのちさこ ブログ

ティプアとリンク
布ナプキンについてよくわかる
ティプアが買えるお店
ティプア応援サイト
ティプアのお友だち


ここちいい布ナプキン 株式会社ティプア:大阪市天王寺区味原町2-5 TEL:06-6761-8799
Copyright (c) 2007 tipua project. All Rights Reserved

QRコード